深センな日々
深センに転居した子育て日記。

中国語の学習は、どこの国でも一緒。
ここ深センの子供たちもたくさんの本を読んでもらい、それを聞くことで中国語の力を伸ばしています。

☆中国語学習の様子。 私の娘の通う小学校/保育所で実際に行われている中国語学習の方法です。
1. 読み聞かせ 2本読み


読書記録表。

私の娘、 yui のクラスでも、

毎月配られ、

1.本読みをした日

2.本のタイトル   を書くようになっています。

方法として、先生から説明があったのは

書き込みは、子供たちが自分で書くこと。

本読みは、子供たちが自分自身で読んでもいいし、パパやママなど家にいる人が読んであげてもいいとのこと。

ただ読むだけではなくて、本の内容を子供たちに尋ねてあげてくださいとのこと。 

 

中国語で読まれても何を言っているのかわからなくて、きっとおもしろくなかったからでしょうね。 

学校の先生も「日本語の本でもいいですよ」と言ってくれたので、ほんとに最初は日本語の本がメインで、

たまに読む中国語の本も、まず中国語で読みながら日本語で訳すように yui にお願いされていました。

 

しばらく経ってから「中国語の本をもうちょっと増やしてみようか」と先生にお話されたらしく、

それからかな、 yui が選ぶ中国語の本の量が徐々に増えてきたのは・・・。 

そして中国語で読んでから日本語で訳すという私の作業も、「中国語で読んでもらう」ということに慣れてきたのか、自然に減ってきました。 

TOP PAGE

 

ブックメーカー ピナクルスポーツ bet365 ウィリアムヒル ネッテラー

inserted by FC2 system